Xperia Zの母艦をMacにする「Bridge for Mac」を導入。iTunesのライブラリがZでいかせますよ。

投稿日:2013年4月8日

@yasumohaです。
これまで使っていたAndroid端末はWindowsを母艦にしていたのですが、Mac導入以来、Windowsを使うことが少なくなってきたので、Xperia ZはMacBook Airを母艦にすることにしました。
Xperia ZをMacに接続するときに必要となるソフトがBridge for Macというソフト。
まずはこいつを導入してみます。

Bridge for Macとは

このソフトをMacに導入すると、接続したAndroid端末に対して以下のことができるようになります。

  1. アップデート
  2. iTunesにあるメディアの転送
  3. ファイルブラウザからドラッグ&ドロップによる転送
  4. デバイス内にあるコンテンツのバックアップ&リストア

こんなところですかね。
詳しくはサイトを御覧下さい。

Download for Mac – Sony Smartphones (Global UK English)

それにしても、日本のSonyサイトにはこのソフト、ないんですよね。
なんでだろ。

インストール

インストールは簡単です。
先ほど紹介したサイトからdmgファイルをダウンロードして、ダブルクリック、あとはアプリケーションファルダに移動するだけです。
一般的なものと同じです。

なぜMacを母艦にしたのか

ところで、なぜ海外サイトのソフトを導入してまでMacをXperia Zの母艦にしたのか。
それは、iTunesにある資産を活かすためです。
iTunesにある資産といえば、これまで購入してきた音楽やビデオ、写真などです。
写真は他のクラウドサービスを使えば良いのですが、著作権が絡んだ音楽やビデオはそうはいきません。
では、Sonyのデバイスを買ったからといって新しいメディア管理の仕組みを別に導入しなければならないのか。
はい、ありえません。
Androidといえども、これまでに作り上げてきたiTunesで管理したいのです。
Sonyさんには申し訳ないけど。
一度、iPhone 、AppleのiTunesを中心にしたエコシステムに取り込まれるとなかなか別のシステムには移行出来ませんね。

垣根なんてなくなってしまえばいいのに

最近はKindleを代表とする電子書籍などはデバイス、メーカー、もっというとOSという諸々の垣根に関係なく、あらゆるデバイスで利用できるサービスが主流になりつつあります。

電子書籍は、スタートから(もちろんホントのスタートではありませんが)このような垣根を意識せずに使えるようにしたから今のような状態にあるのだと思います。

一方、音楽やビデオはスタート時は別々のシステム、主流をどちらが取るかという競争状態から始まって継続してきたから、今の状態にあるのでしょう。

しかし、今ではそんな状態も解消されてきました。
こんな状態、もともとユーザーは望んでいませんでしたからね。
今では、SonyのアプリにiTunesなんて語句が表示されています。
なぜか日本のサイトには見当たらないアプリですがね。
日本のサイトにないということは、実は日本だけなのかも…
いずれにせよ、解消されつつあるということは良いことです。

まとめ

日本のサイトにはありませんが、Android端末で、iOSで築き上げたメディアライブラリが使えるこの「Bridge for Mac」というソフトは素晴らしいです。
もっと多くのユーザーが使えるように日本のサイトでも早く導入してくれませんかね。
Sony製のAndroid端末でiTunesにメディアライブラリを既に構築してしまった方には、オススメのソフトです。
それでは!


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!