AnkerのiPad Air/iPad 5用カバーがコスパ最高です。

投稿日:2014年5月6日
AnkerのiPad Air用レザーケース

ども。やすも@yasumoha)です。
魅力的な製品が多くて有名なAnkerのiPad Air/iPad 5用カバーを購入しました。
このカバー、価格がAmazonで999円という驚きの安さ。
「レザーケースにしては考えられない価格。これなら迷わず突撃できる。」
ということで購入しましたので、各部チェックをしていきます。

まずは開封

Amazonから届いた包みから出てきたのはこれ。

ダンボールです。
開けてみるとケース登場。

ケース以外は保証書やら取説やら。

ま、特殊な取り付け方などはないのでスルー。

ケース本体をチェック

箱から取り出してみました。

レザーの質感は価格の割りに悪くありません。

正目から見て右下には「Anker」のロゴがあります。

ロゴの上には蓋の留め具があります。
留め具を開きます。

iPadの画面と触れる蓋の裏側はマイクロファイバー製で傷がつきにくいと。

触ってみると、確かに優しい感触です。
これなら画面に傷がつく心配は無用でしょう。

ちなみに、この蓋はちゃんとオートスリープ機能に対応しております。
値段が安くても基本的なことは、ちゃんと押さえてありますね。

iPad Airの装着具合は良好

それではiPad Airを装着します。
装着は上からはめ込むだけなので簡単。
この本体をはめこむインナーケースはポリカーボネート製なので、軽くて丈夫です。

しっかり固定されました。

各種切り込み口をチェックしてみましょう。

まずは上側。
イヤホンジャックや電源ボタンがあります。

押しづらくなったなどということはありません。
価格の割りにしっかりした作りです。

下側はどうでしょう。
ここにはスピーカーやライトニングケーブルの挿入口があるので、精度が求められます。

うん、問題ありません。
大きくまとめてカットされているので干渉する心配なし。

続いて右側をチェックします。
こちらにはマナーボタンと音量スイッチがあります。

全然平気。

裏側はどうでしょう。
大事なカメラのレンズがあります。
僕はiPadで撮影することはあまりないのですが、いざ使うとなったときにレンズが隠れてしまっていては話になりません。

使用頻度が少なくてもレンズが隠れてしまったら致命的でしたが、こちらも異常なしです。

ここまでのチェックで各切り込み口には全く問題がないことを確認できました。
安いケースにありがちなズレなどは全然なし。
さすがのAnkerクオリティといったところでしょう。

便利なスタンドモードは45〜90度まで設定可能

このケースのスタンド機能はとても便利です。

理由は、45度から

60度くらいもいけちゃうし…

90度でもスタンドできちゃうからです。

これだけ柔軟に角度が設定できると、見る側の姿勢も柔軟に変えることが出来ます。
椅子に座った姿勢から床に寝転がった姿勢までOK。

さすがに90度はちょっと不安定ですが、スタンド機能があると動画を見るときなどは助かります。
iPad Airは裸で使っていたので、ちょっと動画を見るときは両手で持つ必要がありました。
いくら薄くて軽いAirとはいえ、腕がだるくなってきますので。

これだけ柔軟な角度に設定できる秘密が蓋の裏。

真ん中あたりに二本の溝があります。
ここでとめると45度、60度は安定してスタンドします。
溝があるだけでも安定するのですが、素材が滑りづらいものなのでより安定するという訳です。
90度でもスタンドする理由は、この滑りにくい素材のおかげです。

2つの残念なところ

価格のわりに作りは素晴らしいのですが、ちょいと残念なところもありました。
それがこの2つです。

  1. 厚みが倍増
  2. スタンドモードにしたとき、蓋の留め具が邪魔

厚みが倍増

ケースをつけておいてなんですが、Airの持つ「うっす〜い」感が正直なところ、薄れてしまいました。

実感としては厚さ倍増と言ったところでしょうか。

残念と言えば、残念です。
でも、その分、ガード力などのメリットをしっかりと得ることが出来ているので良しとします。

スタンドモードにしたとき、蓋の留め具が邪魔

もう一点の残念なところは、スタンド機能を使ったときの留め具。
こいつがiPadの画面にかぶさってくるのです。

こんな具合です。
せっかく綺麗なiPadの画面で動画を見ていても、これでは台無し。
厚みが倍増するのは、その代償として得られるメリットがあるので大丈夫なのです。
でも、こちらはデメリットしかありません。
残念…

やすものまとめ

Bati2

価格が999円ということで品質が心配でしたが、実物を手にしてみると全く問題ありませんでした。
iPadのカメラレンズやスピーカーと言った各部とまったく干渉しないインナーケース。
45度から90度まで設定可能なスタンド機能。
オートスリープにも対応。
価格からは考えられないほどしっかした作りです。

iPadのケースを探している方、今回紹介したAnkerのカバーはいかがですか?
とりあえずで購入しても、意外と長く使えてしまうクオリティの高さですよ。
それでは!

コスパ最高です

via PressSync Pro


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!