Galaxy S4とXperia Zを比較。ついでにiPhone5も。

投稿日:2013年5月15日

ドコモの2013夏モデルが発表されました。
その中でもフラッグシップ機に位置付けているのが、Galaxy S4 SC-04E。
Xperia ZとiPhone5を持っている僕としてはちょっと気になる端末です。
いったい、どのくらいの能力を備えているのか。
S4をZ、iPhone5と比較して思うところを書き連ねてみました。

いざ比較

それでは、早速比較してみましょう。

項目 Galaxy S4 Xperia Z iPhone5
ディスプレイ 5インチ Super AMOLED、ゴリラガラス3、1,677万色 5インチ TFT 液晶 (Reality Display 443ppi) マルチタッチ 4インチ
解像度 1920 × 1080 1920 × 1080 443ppi 1136 × 640 326ppi
OS Android 4.2.2 Jelly Bean Android 4.1.2 Jelly Bean iOS6
CPU Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064T Quad-core 1.9GHz Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064 Quad-core 1.5GHz Apple A6 Dual Core 1.3GHz
RAM 2GB 2GB 1GB
内蔵ストレージ 32GB 16GB 16/32/64GB
アウトカメラ 1320万画素 1310万画素 800万画素
インカメラ 210万画素 220万画素 120万画素
バッテリー 2600mAh 2330mAh 1434mAh
ネットワーク LTE, W-CDMA, GSM LTE, W-CDMA, GSM GSM, CDMA, 3G, EVDO, HSPA+, LTE
W-LAN 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯対応) 802.11 a/b/g/n 802.11 a/b/g/n (802.11nは2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
防水・防塵 × ○ 防水(IPX5/IPX7)/防塵 (IP5X) ×
SIM規格 micro-SIM micro-SIM nano-SIM
サイズ 136.6 × 69.8 × 7.9mm 139 × 71 × 7.9mm 123.8 x 58.6 x 7.6mm
重量 134g 146g 112g
カラー ホワイトフロスト/ブラックミスト/ブルーアークティック ホワイト/ブラック/パープル ホワイト&シルバー/ブラック&スレート

S4の仕様は以下のサイトを参考にしました。

NTTドコモが「Galaxy S 4 SC-04E」を正式発表、ブラックとホワイトを5月23日に発売 | juggly.cn

また、S4のレビューは以下のサイトが詳しかったと思います。
参考にどうぞ。

【ドコモ新製品発表会】「Galaxy S4」:フルHD有機EL液晶と期待以上に機能満載のフルスペックスマホ : ギズモード・ジャパン

ちなみに、以前ZとiPhone5の比較も記事にしていますので、ご興味のある方は是非ご覧下さい。

Xperia ZとiPhone5を比較。Zが肉薄してきたけど、やっぱりメインはiPhoneでした!

ZとS4を比較して

S4はグローバルモデルではCPUが8コアですが、ドコモの国内モデルでは4コアでした。
ここでZは差をつけられるかなと思っていましたが、同じでしたね。
違いと言えば、内蔵ストレージとバッテリー、W-LANにacがあるくらいです。
大きさもS4の方が若干小さめというくらいで気になりません。

内蔵ストレージは外部ストレージを使えばどうにでもなりますし、クラウドもあります。
バッテリーはこのくらいの差であれば気になりません。
モバイルバッテリーも安くて大容量のものがたくさんありますからね。
こんなのとか。

[ガジェット]ちょっと長めのお出かけにはcheero が「This is ちょうどいい!」でした | Rondo


ac対応の製品はこれからでしょう。

このように一つずつ比べてみると、たいした差は付きませんでしたね。
むしろ、防水・防塵対応しているZの方が魅力的です。
フルセグにも対応していないので、意外とサムソンは日本を意識した作りにはしなかったということかな。
ドコモとしてはもっと頑張って欲しかったと思うんですけど。

ついでにiPhone5も比較

ついでと言ってはなんですが、iPhone5とも比べてみました。
半年以上前に発売された端末のスペックを比べても意味ありませんかね。
しかし、どんなにハードのスペックで差がついていても、未だにAndroidとiPhoneの間にはヌルサク度に差があると僕は感じています。
はい、iPhone5の方が快適です。
これは、Zも同じです。
そうなると、あとは実機に触れてどうかということでしょう。

あ、カメラ周りはこれだけ差がついてしまうと強化して欲しいところです。

まとめ

新機種が出ると
「CPUのコア数がいくつになった?」
「RAMがどのくらい増えた?」
「バッテリーは?」
といった話が真っ先に出てきます。

確かにこれらの要素はデバイスの魅力を図る一つの尺度。
でも、この辺の話はそろそろ落ち着いてきたのではないでしょうか。
落ち着いたというか、そんなに劇的に変わることはないだろうという感じ。
それよりは、もっと画期的というか斬新というか、これまでにないものを提供してくれませんか。

そういう意味では、今回S4にあるフロントカメラとリアカメラを使って同時に撮影する「デュアルカメラ」などは良い試みかと思います。
ただ、端末を傾けることで自動で画面がスクロールできる「スマートスクロール」とか動画再生中に画面から視線を逸らせば自動で停止する「スマートポーズ」といった機能はいかがなものかと。
ちゃんと動くのかな?
そもそも、動いたとして使いこなす人がいるのか?
ぶっちゃけ、必要?
そんな疑問ばかりが湧いてくる機能ですが、チャレンジ精神はGoodと。
ま、ワンセグをフルセグにするよりは考えた感じがします。

やっぱり、今までにない斬新なユーザーエクスペリエンスとなるとAppleさんですかね。
こんな噂もありますし。

フラットデザインがよく分かる、デザイナーが考えた「iOS 7予想図」。 – たのしいiPhone! AppBank


WWDCももうすぐありますからね。

アップル、WWDC 2013を6月10日から開催〜「iPhone 5S」「iOS 7」を発表か


iPhone5s、iOS7あたりで何か欲しいですよ。
でないと、ますますApple危うしみたいな風潮が強まってしまう気がします。
がんばれ、Apple!
それでは。


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!