Evernoteにリマインダー機能が追加!でも、リマインダーといえばDueがあるので使い分けを考えてみました。

投稿日:2013年5月26日

@yasumohaです。
Evernoteにリマインダー機能が追加されました。
ユーザーである以上、便利になっていくのは大変嬉しいのです。
しかし、リマインダーといえばDueという重鎮がその世界ではいらっしゃいます。
さて、この同じ機能。どうやって使い分けていくべきか?
やはり、Dueの優位性は揺るがないのか。 それともEvernoteがその座にとって変わるのか。
それぞれの特徴から考えてみました。

特徴を整理して使い分け方を考える

どちらもリマインダー機能という言葉で表現できますが、特徴を考えると違いがあります。
そこで、それぞれの特徴からどのような作業のリマインダーに向いているのか、向いていないのかを考えてみました。

Evernoteは不定期に発生する作業向き

Evernote 5.4.3(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 42.8 MB)
全てのバージョンの評価: (39,972件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応


Evernoteのリマインダーはノートです。
よって、リマインダーとして処理をした後でも、そのノートは消えずに残ります
ただし、残念なことに一度目の設定で繰り返し設定ができないのです。

この二つの特徴から考えられることは、次のような作業のリマインダー向きではないでしょうか。

  • 定期的に発生するわけではない。
  • けれども、かなりの頻度で発生する作業。

例えば、Pocketに溜まった記事の消化。

Pocket (Formerly Read It Later) 4.5.3(無料)
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
販売元: Idea Shower – Idea Shower(サイズ: 14.4 MB)
全てのバージョンの評価: (2,022件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応


毎週定期的に消化作業をリマインドさせても良いのですが、毎週必ず溜まっているわけでもありません。
つまり、不定期に訪れる消化が必要と思ったタイミングでリマインダーを登録するだけです。
このとき、前回のノートが残っているとノートの作成が省ける分、リマインダーを登録する作業が楽になります。
以上のことから、Evernoteは不定期に発生する作業のリマインダー向きと考えられるのではないでしょうか。

Dueは定期的に発生する作業向き

一方のDue。

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム 1.9.6(¥450)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Phocus LLP – Phocus LLP(サイズ: 22.8 MB)
全てのバージョンの評価: (301件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応


こちらは定期的に発生する作業に向いているのではないでしょうか。
その理由は、Dueに登録したリマインダーはリピート設定でない単発ものの場合、処理を終了すると消えてしまうからです。

リピート設定したものは、一度処理を終了しても消えることはありません。
しかし、不定期に発生する前述のPocketのような作業の場合。
不定期な作業は文字通り定期的に発生するものではないので、リピート設定が使えません。
よって、単発ものとして登録するのですが処理をすると消えてしまいます。
Evernoteの残るノートと違って

以上のことから、Dueは定期的に発生する作業のリマインダー向きと考えられるのではないでしょうか。

まとめ

Medium 5208476408
photo credit: MyTudut via photopin cc

今回Evernoteに新たに追加されたリマインダー機能。
しかし、リマインダー機能といえばDueがあります。

このように機能がかぶった時の選択肢としては、乗り換え、または継続のどちらかがまず考えられるのではないでしょうか。
でも、どちらの選択肢も最終的にはどちらか一方を切り捨ててしまうことになりますよね。
それは、もったいない

こんなときは、それぞれの特徴を考えて使い分けてみるのはどうでしょうか。
今回のリマインダーだと

  • Evernoteは不定期に発生する作業のリマインダー
  • Dueは定期的に発生する作業のリマインダー

こんなふうに使い分けると、どちらのアプリも使い続けることができます。
一つに絞るのもいいですが、いろんなアプリを使えるのも楽しいものです。
いかがでしょうか。
それでは!


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!