SIMフリーなiPhone 5sを今さらですが購入

投稿日:2014年3月3日
iPhone 5s

ども。やすも(@yasumoha)です。
発売から6カ月近くたった今さらですが、iPhone 5sを買いました。
国内キャリア版が発売されたのが2013年9月20日。
すでにおよそ6カ月も前のことです。
ただ、今回購入したのは国内で11月22日に発売された国内SIMフリー版。
なので3カ月遅れといったところです。
月日が経つのは早いですなぁ。

購入理由

一番の理由は「スルーできなくなった」です。
iPhone 5を持っているので、それほど変更のない5sはスルーしようと思っていました。

でも、ダメでした。
欲しい欲しい病がおさまりませんでした。
こうなると、

  • 消費税増税前に買った方がお得。
  • どうせ1年で買い替えるならSIMフリーでMVNOを使うのがお得。
  • 国内でもSIMフリーを販売したし、記念に買っとくか。
  • 5のバッテリーもへたってきたしな。

などと都合のいい理由ばかりが浮かんできて、自分を正当化してしまいます。
そうです。
たんに、「物欲に負けただけ」です。

SIMフリーを選んだ理由

MNPを使えばお安く買えるのは分かっています。
それでもSIMフリー版を購入した理由は、「回線契約をしたくなかったから」です。
およそ1年周期で新製品が発売されるサイクルなのに、2年縛りの契約には無理があると思います。

また、すでにドコモのXi回線を一つ契約しているので、データ通信にのみ使うiPhoneに通常の契約は必要ないと思うからです。

さらっと開封の儀

せっかくなので、中身のチェックをしながら開封の儀をします。

箱をあけると、すぐに本体とご対面。

スペースグレーの32GBを買いました。
第一印象ではゴールドが良かったのですが、今となってはゴールドを持っている人がたくさんいるような気がしたので。

同封物です。

こちらも目新しいものはありませんので、まとめてパシャリ。

背面をみてみます。

スペースグレーですね。

せっかくなので、5と並べて前面からもう一度チェック。

5のホームボタンにはシールを貼ってあります。
5sになってこの手のシールは使えなくなってしまいましたが、押しやすさを向上させる素晴らしいアイテムです。
シールの貼っていない5sのホームボタンを押すと、ありがたみがよーく分かりました。

ホームボタン以外に大きな違いはありませんね。

背面も5と並べて比較してみます。

5は「ブラック&スレート」。
5sは「スペースグレー」。
ここははっきりと違いが分かります。
5より5sの方が色的に傷が目立ちにくいと思います。
昔、5の背面を削ると5sのような色になってしまった画像を見た記憶があります。

側面を下から比較してみます。

スピーカーやLightningケーブル、イヤホンジャック等、同じです。
違いは色だけです。

左側です。
こちらのボタン類も同じです。

上から見てみました。
このエッジの仕上げは相変わらず見事です。
この完成度を越えるものは、いったいどんなものになるのでしょうか。

ファーストインプレッション

全体的な印象は新鮮味はありません。
分かってはいましたけども。

それでもTouch IDは便利です。
ロックを解除する手間が圧倒的に減りますから。
たまに指紋をなかなか認識してくれなくて困ることもありますが、めったにありません。

操作性、GUI周りの動作は言うまでもなく滑らかです。
目新しさもありませんが、安心、安定の品質ですね。

やすもは思った

Bati2

欲しくて欲しくて買ってしまったiPhone 5sですが、やはり目新しさはありませんね。
本体カラーとTouch IDは新鮮ですが、iPhone 5とiOS 7を使っていた身としては仕方ありません。

それでも、安定、安心のクオリティはさすがと感じました。
見えないところではスペックは向上してますし。
やっぱり良い仕事しますね。アップルさんは。

というわけで、新品、新型のiPhoneを買った割にはワクワク感は少なめですが、安心感、満足度は高いiPhone 5sでした。
それでは~ (^O^)/

5はもちろん、5sでもTouch IDを使わないのであればオススメです

via PressSync Pro

シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!