【グランドキリン】「十六夜の月」はビールなのにグレープフルーツの香りがする!

投稿日:2015年9月14日

ども。やすも@yasumoha)です。
9月1日からコンビニ限定で販売された「グランドキリン 十六夜の月」を飲んでみました。

「十六夜の月」はビールなのにグレープフルーツのようなフルーティーな香り!

パッケージには秋を思わせるきれいな月が描かれています。秋にピッタリですね。

グランドキリンといえば、グラスに注がなくても瓶に入った状態で香りを堪能できるビール。ということで、「十六夜の月」もそのまま香りを嗅いでみました。

すると、やっぱり素晴らしい香りがします!

グレープフルーツのような甘さを感じつつも爽やかな、フルーティーな香り。ビールであることを忘れてしまいます。

瓶に入った状態でこんなに良い香りがするのであれば、グラスに注いだらもっと良い香りが広がるのではないかと、期待が高まっちゃいます。

やはり、グラスに注いだ方がより一層香りが強く感じられます。ビールなのに香りを嗅いでばかり。クンクンクンクン、犬のように嗅いでしまいました。

この素晴らしい香りには、作り手のこだわりが詰まっているようです。製品ページには以下のようにありました。

①「ネルソンソーヴィンホップ」を使用
ニュージーランド産ホップ由来のグレープフルーツを思わせるフルーティな香りが特長の希少ホップ「ネルソンソーヴィンホップ」を使用しました。
②「ディップホップ」製法を採用
当社独自の「ディップホップ」製法を採用し、“ビールの魂”と言われるホップを、通常の仕込み段階での使用に加え、発酵過程でもさらに漬け込むことで、複雑な香味を引き出しました。
③「キィウィIPA(インディアペールエール)」スタイルを採用
ニュージーランド(キィウィ)産のホップを大量に漬け込むことで、フルーティな香りと上質な苦味を引き出すビアスタイル「キィウィIPA」を採用しました。

via: 「グランドキリン 十六夜の月(イザヨイノツキ)」をコンビニエンスストア限定で新発売|2015年|ニュースリリース|キリン

素材、製法、ビアスタイルとビールを作る上で尽くせる手段は全てやり尽くしていますね。この素晴らしい香りが出せたのも納得です。

香りばかり褒めてしまいましたが、肝心のお味はどうか。こちらはIPAというビアスタイルだけあって、苦味は強めです。ですが、全体的に軽い仕上がりとなっているので、とても飲みやすいです。これなら女性やビールの苦手な男性でも気楽に飲めるIPAと言えるのではないでしょうか。

やすもは思った

Bati2

ビールなのにグレープフルーツのようなフルーティーな香りがする「十六夜の月」。作り手のこだわりを感じられる素晴らしい香りを、是非、味わってみてください。ビールに対する認識が変わる香りですよ。

コンビニ、期間限定商品なので早めにゲットしてください。それでは!

製品情報はこちら!

「グランドキリン 十六夜の月(イザヨイノツキ)」をコンビニエンスストア限定で新発売|2015年|ニュースリリース|キリン

こちらの香りと比べてみてください!

キリン グランドキリン 330ml×6本

価格:1,471円
(2015/9/14 23:13時点)
感想(0件)

(キリン)グランドキリンセット全国送料無料 限定販売ビールギフト

価格:3,240円
(2015/9/14 23:15時点)
感想(79件)

via PressSync Pro


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!