車で音楽を楽しむならBluetoothで接続するJF-BTFMAXKで決まり!

投稿日:2013年12月23日

ども!やすも@yasumoha)です。
車で音楽を楽しむとき、Bluetoothで接続するFMトランスミッター、JF-BTFMAXKがすこぶる快適でしたので紹介します。
だって、Bluetoothに対応しているデバイスなら、何でも使えちゃうんですもの。

JF-BTFMAXK

J-Forceから発売されているBluetoothで接続するFMトランスミッターです。

FMトランスミッターというと、スマートフォンやタブレットに保存してある音楽をFM電波で飛ばしてカーステレオで楽しめるというステキアイテムです。
普段、iPhoneやiPadで楽しんでいる音楽を車内でも楽しみたいときに活躍してくれます。
もちろん、音楽だけでなく映像も楽しめます。

おススメの理由は「Bluetooth」接続

medium_479228716photo credit: Nicholaus Haskins via photopin cc

JF-BTFMAXKをオススメする理由は、スマートフォンやタブレットとBluetoothで接続できるからです。
ところでBluetoothとは何かというと

「Bluetooth」とは、デジタル機器用近距離無線通信の規格のひとつです。パソコンや携帯電話、周辺機器などをケーブルを使わずに、ワイヤレスで接続し、機器間で音声やデータをやりとりすることができます。

via: 「Bluetooth(ブルートゥース)」って何? 赤外線通信とは何が違うの?|エンジョイ!マガジン

では、なぜBluetoothで接続できると良いのでしょうか?

Bluetoothが便利な3つの理由

僕がBluetoothで接続できると便利だと思う理由がこちら。

  • ケーブルがいらない
  • コネクタの形状を気にしなくて良い
  • iOSでもAndroidでも使える

ケーブルがいらない

Bluetoothは無線接続。
ということで、ケーブルがありません。いらないのです。
車内ではダッシュボードに設置するのですが、ケーブルがないとスッキリして気持ち良いです。

コネクタの形状を気にしなくて良い

IMG_3852

iOSデバイスがLightningコネクタに変わった時、それまで使っていたFMトランスミッターは使えなくなりました。
でも、Bluetoothならコネクタに挿入して使う必要はありません。
だって、無線ですもの。 以前、使っていたトランスミッターは30ピンのDockコネクタ対応製品だったので、iOSデバイスでしか使えませんでした。
iOSがBluetoothを見捨てない限り、使い続けることができます。
しばらくは大丈夫でしょう。

iOSでもAndroidでも使える

IMG_3849

Bluetoothに対応しているならば、デバイス、OSを選ばずに使えるのです。
iOSでもAndroidでも。Window Phoneだって使えるはずです。
(Windows Phoneは持っていないので試したことはありませんが。)
でも、Bluetoothで接続するJF-BTFMAXKならば、そんな制限はないのです!

音質だって良いんですよ

BluetoothでiOSデバイスと接続するとき、その音質を左右するのがプロファイルとコーデック。
この辺りの情報は以前、iPhoneで使うBluetoothイヤホンを検討した時に調べました。

iPhone5でサポートするBluetoothのオーディオプロファイルはA2DP | Rondo

この記事ではプロファイルが「A2DP」。
コーデックは「AAC」に対応していれば高音質になると結論づけました。
JF-BTFMAXKはどちらにも対応しています。
というわけで、音質が良いことは間違いなし。
実際、車内で音楽を聞いていてもクリアなサウンドでございます。
無線でつながって車内スッキリでも、音質が悪かったら欲しいと思いません。
その点は大丈夫ですよ。

やすもは思った

Bati2

車内で使うFMトランスミッターを探している方、J-ForceのJF-BTFMAXKはいかがでしょうか。
僕は主にiOSデバイス、iPadで使っています。
が、Bluetoothに対応しているのであればAndroidだろうがWindowsだって使えるんです。
しかも、A2DPプロファイル、AACコーデックに対応しているということで、高音質です。
ケーブルレスでデバイスを選ばない。しかも高音質。
おススメです!
それでは〜 (^_^)/~

使い勝手も音質も妥協なし!


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!