iPhoneのライトニングケーブルはAnkerで間違いない

投稿日:2014年8月8日

ども。やすも@yasumohaです。
最近、すっかりお世話になっているAnkerでまたまたお買い物をしました。
今回はiPhoneやiPadでは欠かせない「ライトニングケーブル」です。

Ankerのライトニングケーブルは安心のアップル認証済み。しかもお安い。

先日、AnkerのUSB急速充電器が怪しいライトニングケーブルを使ったがために壊れてしまいました。

AnkerのUSB急速充電器はApple非認証Lightningケーブルを使うとポートがお亡くなりになる(たぶん) | Rondo

そんなときに、Amazonで見つけたAnkerのライトニングケーブル。
アップル認証済みということですかさず購入したのです。
もちろん、このケーブルはAnkerのUSB急速充電器のポートを壊したりしません。

※2014/08/08時点ではAmazonでは取り扱いを中止しているようです。

いつもシンプルなAnkerのパッケージです。

蓋の裏にはサンクスメッセージが。

こちらこそ、安くて素晴らしい製品をいつもありがとうございます。

各部をチェックしていきます。

まずはUSB端子側。

「Anker」ロゴがあるだけで特に言うことはありません。

ライトニング端子側です。

こちらもロゴがあるだけで同じ。

アップル純正ライトニングケーブルと比較

大きさをアップル純正のライトニングケーブルと比べてみます。
端子周りが大きいとiPhoneやiPadにケースを装着したままでは使えないことがありますので。

特に大事なライトニング端子を比較していきます。
ここが大きいと、iPhoneやiPadにケースと干渉してしまい、ケースを装着したままでは使えないことがありますので。

横幅はAnker製の方が広いです。

厚みもAnker製の方が厚いですね。

幅と厚さは、どちらもAnker製の方が広くて厚いです。
でも、これくらいならケースに干渉しないのでは。

ケースをつけてても問題なし

とりあえず、僕の使っているケースをiPhoneに装着した状態で、Anker製ライトニングケーブルを挿してみます。

そのまま使えますね。

ちなみに、ケーブルを外した状態がこちら。

ライトニング口とスピーカー、イヤホンジャックに合わせてきっちり加工されているケースです。
iPhoneの背面の美しさをそのまま堪能できる素晴らしいケースでございます。
詳しくはこちら▼

Spigen「ウルトラ・ハイブリッド クリアバンパー」が、iPhoneのデザインが大好きな人におすすめ!! | Rondo

やすもは思った

Bati2

このライトニングケーブル、各種製品の信用度が高いAnker製で、しかもお安いせいか、売れ過ぎて供給が安定していないようです。
今のところ、全く不満なく使える素晴らしい製品なので、早いところ量産体制を整えてバンバン売り出してほしいところです。
がんばれ、Anker!

僕ももう一本欲しいのですが、なかなか売り出されなくて困っています。
売り出されたら、即ゲットします。
皆様も、見かけたら急いでどうぞ。
それでは!!

すぐに必要な方はAmazon製で

via PressSync Pro


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!