Markdown記法がすこぶる快適です。

投稿日:2013年12月19日
20131219-201129.jpg

ども!やすも(@yasumoha)です。
iPhoneでブログを書く。
いわゆる「モブログ」するとき、Markdown記法を導入してみました。

Markdown記法とは

「マークダウン」と読みます。
詳しく説明すると長くなりますので、こちらの記事をご覧下さい。
かわいいフォルテでお馴染のふぃーぷれ(@feelingplace)さんが詳しく説明して下さってます。
Markdown記法なるものを覚えてみようと思う。 | Feelingplace

丸投げですみません m(_ _)m
で、マークダウン記法の何が良いのか。
大雑把に言うと、HTMLのpとかbr、strongといったタグをちまちまと入力しなくても良いのです。
その代わり、それぞれのタグに対応した記号を入力しておくと、あとでまとめてHTMLタグに変換してくれるという素晴らしいもの。
モブログが楽ちん&快適になってしまうのです。

モブログを楽ちんにするといえばTextExpanderですが

モブログを効率良く楽チンにしてくれるものといえばTextExpanderです。

TextExpander
カテゴリ: 仕事効率化

スニペットを入力すると、面倒な記述が一瞬で入力されるステキアプリです。
でも、最近バグが多いんですよ。
TextExpanderに対応したアプリが全力で対応してくれていますが、なんだかイタチゴッコのようで安定しません。

マークダウン記法にも不安はある

やっぱり完璧なものなんてありません。
ここ何日か試してみて見えてきた不安もあります。

  • クラスやidは入力されない(MyEditor/Textwell)
  • オフラインでは使えない(MyEditor/Textwell)
  • 動作が不安定(MyEditor)

僕が愛用しているエディタ、MyEditorTextwell で試してみて感じたものです。
MyEditorはMyScriptsのスクリプトで実現可能。
Textwellはアクションがあります。

まず、クラスやidは入力されません。
これは各個人で設定しているものなので、当然です。
マークダウン記法で変換されるのは汎用的なHTMLタグだけ。
マークダウン記法とはそういうものなので、どちらのエディタもできなくて当たり前。

次に、オフラインで使えない点も残念です。
MyEditorもTextwellもウェブにアクセスして変換するようになっているので仕方ありません。
電車移動中にモブログすることが多いので、通信状態が安定しない僕にとっては大問題。

最後はMyEditorだけの問題。
一度変換したHTMLタグを再変換したり、変換されないものがあったりと不安定でした。
と思っていたら、こちらはふぃーぷれさんが対応してくれました。
MyEditorでMarkdownプレビューするためのスクリプトを改修しました。 | Feelingplace

あとで試してみます。

いまはMarkdownとTextExpanderの併用が現実的

Markdownにも不安はあります。
でも、TextExpander一本に頼るだけの現状を変えるには有効な手段かと思います。
TextExpanderが使えなくなったらモブログができない。
そんなのはごめんです。
さいわい、僕の環境はクラスやidをそれほど使いません。
よって、それらが必要な時にのみTextExpanderを使って、それ以外はマークダウン記法でモブログする。
この折衷案が現実的なところです。
TextExpanderへの依存度は減るし、スニペットを入力する手間も減るので、モブログの効率は上がるから良しとしましょう。

やすもは思った

Bati2

マークダウン記法。
存在は知っていましたが、試してみたことがありませんでした。
実際、試してみると一番ネックと思っていた学習コストはそれほど高くありません。
食わず嫌いは良くありませんね。

記法に従って入力した文章があっと言う間にHTMLコードに変換される様は爽快そのもの。
まだ試したことのない方はぜひ、トライして下さい。
ハマること間違いなしです。
それでは~ (^O^)/

Markdown記法、使えます!

MyEditor
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化

Textwell
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

こちらも併用します!

TextExpander
カテゴリ: 仕事効率化

この記事はするぷろで書きました。

するぷろ for iOS(ブログエディタ)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!