Pocketは後で読むだけじゃなく、いつでも読めるメモ置き場として使うと未読の数も気にならない

投稿日:2013年11月1日

photo credit: seanmcgrath via photopin cc

ども!やすも(@yasumoha)です。
あとで読むサービス、Pocket。
おおいに活用していますが、未読の記事数が増えてくると辛くなってきます。
「あとでって言っても、いつ読むんだよ。」的な。
ダメな自分を表す値みたいで、早く読まなきゃと急かされます。
でも、ちょっと考え方を変えてみると、そんな数値は気にならなくなりました。

いつでも読めるメモとして使う

Pocket (Formerly Read It Later) 4.6.2(無料)
カテゴリ:ニュース,仕事効率化
販売元:Idea Shower(サイズ:16.5MB)
全てのバージョンの評価: 4.5(2,229件の評価)

使い方とかは全く変わりません。
変えるのは考え方だけ。
「あとで読まなくてはならない」ものではなく、「いつでも読める」メモの置き場として使うものと考えて下さい。
必要な時はいつでも何度でも。
いらなくなるまでは保持していても良い場所と。
そう考えると、未読数を減らさなければという強迫観念も感じなくなって数値も気にならなくなりました。

いつでも読める場所として最適なPocket

オンラインはもちろんですが、Pocketはオフラインでも記事を読めます。
Wi-Fi環境下で記事をダウンロードしておけば準備完了。
iPhoneやAndroidといったスマフォがあれば、いつでもどこでも。
好きな時に読みたい記事を保管しておく場所として、Pocketは最適なのです。

僕の使い方

例えば、暗記したいこと。
暗記に繰り返しは必須ですよね。
用語をまとめてあるサイト等を入れておけば隙間時間に活用できます。

例えば、気になるお店のことが書いてあるブログの記事。
おススメメニューは何だった?
電話番号は?
Pocketに放り込んでおけばいつでも読めます。
地図などのPocketに保存されない情報を見るのであれば、オンラインにしてチェックできます。

例えば、モンハンの武器派生表。
暗記する必要はないけど、目的の武器ができるまでは何度も確認します。

Evernoteとの使い分け

記事の保存場所としてはEvernoteもあります。

Evernote 7.1.1(無料)
カテゴリ:仕事効率化,ユーティリティ
販売元:Evernote(サイズ:30.6MB)
全てのバージョンの評価: 4(40,591件の評価)

僕も活用していますが、Pocketとは使い分けています。
僕の場合、短期間で何度も読む記事はPocketへ。
Pocketでのサイクルが終了したけれど、ひょっとしたらもう一度読むかも。
そんな記事はEvernoteへ保存しています。
PocketからEvernoteへ保存するときはこちらが便利です。

Pocketでお気に入りにしたらEvernoteへ保存するIFTTTのレシビを作ってみました | Rondo

未読数は減らさなくていいんです。

RSSでも同じことになりますが、未読の数って気になりますよね。
やることやってない、先延ばししてるダメな自分の証拠みたいな数字と思ってしまって。
でも、いつでも読み返せるメモとして考えたら、そんな数字も気にならなくなりませんか?
だって必要だから残してあるんですもの。

数字を減らそうとして適当に流し読みしても後には何も残りません。
それこそ、数字を減らすことが目的になってしまいます。
また、あとで見ると分かっているのに既読にして数字を減らしても、再度アクセスするなんて無駄です。
必要なくなるまでは未読状態にしておきましょう。

記事を消化できないことに対する都合のいい言い訳?
そうかもしれませんが、実際いつでも読めるように残してあると便利なんです。
なかなか暗記できない僕は何度も見返す必要があるのです。
もちろん、メモとしても使わなくなったら既読にして数字を減らしましょう。

やすもは思った

Bati2
オフラインでもアクセス可能なPocketをメモ置き場として使ってみてはいかがですか?
いつでも好きな時に読めばいいのです。
そう考えると、未読の数字は気にならなくなります。
決して先送りばかりしているダメな自分を表す数字ではないのです!
それでは〜 ( ´ ▽ ` )ノ

あとでもいつでもお好きな時に!

Pocket (Formerly Read It Later) 4.6.2(無料)
カテゴリ:ニュース,仕事効率化
販売元:Idea Shower(サイズ:16.5MB)
全てのバージョンの評価: 4.5(2,229件の評価)

Posted from するぷろ for iPhone


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!