[ビール]ヘリオス 天使のレッドエールを飲んだ!

投稿日:2013年12月7日

限定物に弱いやすも(@yasumoha)です。
一見、ビールに見えないラベル。しかも冬季限定。
これは買わずにはいられない!
天使のレッドエールを飲んでみました。

天使のような優しい味わい

グラスに注いでみました。



色は名前通りに赤いです。
全然、黄色くない。
赤というよりは琥珀色というべきか。
綺麗です。

グラスに注いで分かりましたが、泡立ちはとても良いです。
キメも細かくクリーミー。

香りは★3となっていますが、それほど強く感じません。
もっとも、この感覚は僕が最近ホップやアロマといった香りの強いビールをよく飲んでいたせいかもしれません。

味は苦みの中にほんのり甘みを感じます。



ラベルにも
「ホップの苦味は控えめで、モルトの甘みが特徴のやさしい味わい」
と書いてあります。
確かにその通り。
苦味が少ないせいか、コクを強く感じます。
これは女性も飲みやすいと思います。
このやさしさが「天使」なのかしら。

レッドエールは商品名じゃなかった!

ところで、商品名にある「レッドエール」。
これって、エールビールの一種なんですね。
知りませんでした。
てっきり、商品名かと思ってました。
お恥ずかしい…
Wikiにはこうあります。

レッド・エール
レッド・エールはアイルランド発祥のタイプである。麦芽に加え、焙煎した大麦のため僅かに赤い色となる。一般的にかなり低アルコール(一般に 3.5%)であるが、輸出向けの強いバージョンも醸造されている。レッド・エールはイギリスのエールより苦味とホップの香りが弱く、麦芽とキャラメルの香りがする。

via: エール (ビール) – Wikipedia

琥珀色は「焙煎した大麦」。
苦味とホップの香りも弱めということで、やはり一般的なビールより飲みやすいと感じたのも間違っていませんでした。

やすもは思った

Bati2

琥珀色が綺麗な天使のレッドエール。
苦味はひかえめ、ほんのり甘いという女性にもオススメできるビールでした。
沖縄にこんなビールがあったとは知りませんでした。
沖縄のビールといえばオリオンビールですが、ヘリオス酒造も要チェックです。

ヘリオス酒造株式会社 – 沖縄の酒文化を世界へ。古酒「くら」に代表される泡盛の蔵元であり、総合酒類メーカー。

それでは〜( ´ ▽ ` )ノ

Amazonでも買えちゃう沖縄生まれの琥珀色のビール!

この記事はするぷろで書きました。

するぷろ for iOS(ブログエディタ)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!