Apple Watch Series 2を買ったら、とりあえずhoco.のカバーを買っておくと安心

投稿日:2017年5月23日

ども。やすも@yasumoha)です。
買ったばかりのApple Watch Series 2をガードするために、hoco.のカバーを買いました。
全面をカバーして、ガラスフィルムまで付属しているオールインワン的なセットなので、とりあえず買っとけ的なやつです。

hoco.のApple Watch series 2用カバー

こちらがApple Watch series 2専用となるhocoのケース。

僕は38mm用を買いました。当然、42mm用もあります。

セット内容

セット内容を紹介します。

まずはバッケージ。

コンパクトにまとまっていますが、中身が潰れたりはしなそうなしっかりとした作りです。

こちらがカバー本体。

Apple Watchの画面をプリントした台紙付き。装着時のイメージわきます。

こちらがカバー以外の付属品。

ガラスフィルムとウェット&ドライタイプのクリーナー。ゴミ取りシールも入ってます。
別途用意するものはありません。

ハードケースとは言うものの、柔軟性もある

ケース本体の素材はポリカーボネート性のハードケース。それでいて柔軟でもあります。

柔軟性があるといって過度に曲げすぎると、歪みが元に戻らなくなりました。
ほんの少しですけどね。
僕のように調子に乗ってグネグネしないようにしましょう。

カバーの厚さはそれほどないので、装着してもGショックの用にゴツくはなりません。
Apple Watchのシンプルでスリムな印象は変わらないので安心です。

装着方法

装着方法はねじ込むだけです。

素材が柔らかいので簡単にできますよ。
なお、カバーは、Apple Watchのバンドを上の写真のように着けたままでも、バンドを外した状態からでも、装着できます。
もちろん、バンドを外した方が着けやすいです。

装着後

カバーを装着するとこうなります。

どこにカバーがついてるのか、分からないくらいシンプルです。

一つ残念なのが、付属のガラスフィルムの張り付き具合。

周囲がどうしても浮いてしまうのです。
また、ケースとガラスフィルムの間に隙間ができてしまいます。iPhoneでもお馴染み、ディスプレイのラウンドエッジ部分です。
残念ながら、ここだけは無防備状態。

周囲のボタンとのズレはありません。

左側も

右側も

裏側も

穴という穴がApple Watch Series 2のボタン、センサー類に、完璧にフィットしています。

なお、Apple Watch Series 1と2ではマイクの穴数が違うので、流用はしない方が良いです。

やすもは思った

Bati2

全面をガードして、ガラスフィルム(クリーナー一式付き!)も付属しているhoco.のApple Watch Series 2用カバーは、買って間違いありません。

特にオススメしたい人は、

「お気に入りのカバーがまだ見つからないけど、Apple Watchにキズをつけたくない」

と考えている人です。

シンプルなデザインなのでApple Watchの良さを残しつつも、全面をガードする安心感がある。
それでいてガラスフィルムもついてくる。
まさに、至れり尽くせりです。

Apple Watchのカバーで悩んでいる人はぜひ、hoco.のケースはいかがですか?

それでは〜

ガラスフィルムも入ってる安心&お得なhoco.のケース

via PressSync

シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!