バッファローの外付けHDD HD-LB2.0TU3は1万円以下でUSB3.0対応、容量2TBと文句なしのお買い得製品

投稿日:2013年8月14日

夏休みは片付けのチャンス!
お出かけの予定が無いだけのやすも@yasumoha)です。
バッファローの外付けハードディスク(HDD)HD-LB2.0TU3を買いました。

文句のつけようのない性能

容量は2TB。

接続はUSB3.0対応で高速なデータ転送が可能。
実際、動画などの大きなデータもあっという間に転送出来ます!

省電力モードも搭載。

ファンレスで静音設計(実際、凄く静か!)。

しかも、1万円を切る価格。

外付けのHDDを買うときにチェックする項目は全て問題ありません。
はっきりいって、お得です。

据え置きかポータブルで迷った

HD-LB2.0TU3を購入するとき、一点だけ迷った点がありました。
それが据え置き型であるが故の大きさ。
小さいは正義ということは周知の事実です。
この大きさは正義に反するのでは?
なんて考えて以下の商品と最後まで迷いました。


こちらのHD-PCT1TU3という製品はポータブルタイプだけあって、小さくて軽いのです。
価格もHD-LB2.0TU3と比較して1000円ほど安いだけです。
唯一気になるのは、小型になった分、容量がHD-LB2.0TU3の半分の1TBしかないという点。

では、ポータブルタイプのHD-PCT1TU3ではなく、据え置き型のHD-LB2.0TU3を選んだ理由は何か。
それは、自分の利用シーンを考えた時にHDDを携帯する必要がないからです。
いくら小型といっても、持ち歩かないのに容量が半分になってしまうのは嫌です。
価格も半分になっていれば良いのですが、こちらは1000円ほどしか差がありません。
それならば、多少大きくても容量の大きな据え置き型のHD-LB2.0TU3を買おうということにしました。

大きなデータを持ち歩きたいならクラウドを使えば良い

もしも大きなデータを持ち歩きたいのであれば、DropBoxやCopyといったクラウドサービスを使えばいいと思います。

DropBoxはiPhoneユーザーならば連携アプリが豊富で使いやすいでしょう。
しかし、ローカルHDDと同期が必要なので、クラウドに用意した容量と同じだけローカルHDDの容量が必要となる点がネックです。

その点、Copyはクラウドにのみデータを保存できるのでオススメです。
Copyについてはこんな記事も書いてます。

無料で12GBもと聞いて便乗してみました。クラウドサービス「Copy」です。 | Rondo

HD-LB2.0TU3はこんな感じ

HD-LB2.0TU3の画像はこちら。
まずは正面。

IMG 1989
次は側面。

IMG 1990
続いて後ろから。

IMG 1992

最後はiPhone5と大きさを比較。
高さはケースの厚さを考えるとほぼ同じですね。

IMG 1991
側面からも比較してみました。

IMG 1993

あとがき

実際に使ってみて驚いたことは、転送速度の速さ。
USB3.0の製品は初めて使ったのですが、これほどとは思っていませんでした。
実際、USB3.0のコネクタがこんな形をしているなんて知りませんでしたもの。

IMG 2003
これ、バッファローオリジナルだと思ってました。

外付けHDDとしては文句のつけようのない機能を持っていて、1万円を切る価格。
HD-LB2.0TU3はHDDを持ち歩く必要がない人に激しくオススメの製品です。
データを持ち歩くならCopyがありますからね。
是非、検討してみて下さい!
それでは〜。

容量が半分でもポータブル性を重視する方にはこちら!

follow us in feedly

シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!