レゴ公式のiPhoneケースを購入。ますますiPhoneに愛着が湧いてしまう素敵なケースですよ。

投稿日:2013年7月1日

やすも(@yasumoha)です。
iPhone5のケースを新調しました。
今回購入したのは、レゴ公式のカラフルなもの。
これまで使っていた黒一色のものから一気にカラフルになりました。
詳細なレビューをお届けします。

LEGO公式iPhone5ケース

発売元はBELKIN。
ポップな色使いが目立つケースですが、やはり最大の特徴は背面の「ポッチ」でしょう。
昔遊んだレゴの懐かしい感触を常に感じることができます。
レゴ好きにはたまりません。

開封

ゆうパックで届いた包みを開くとこんな感じです。



公式であることを示すレゴのマークがちゃんとあります。



簡単な包みなので開封の儀とまではいきませんでした。
ちょっと残念。

外観をチェック

まずは装着前の内側。
ここは一度つけてしまうと、なかなか見る機会がありませんのでね。



次はiPhoneの裏側となる面。



最大の特徴、レゴのポッチがびっしりと並んでいます。
もっと寄ってみましょう。



なんと、ポッチの一つ一つに「LEGO」の刻印があります!
普通のレゴブロックにはありましたか?
このこだわりにちょっと感動。

それでは装着してみます。
装着感はキツくもゆるくもないちょうど良い感じ。
簡単に外れてしまうようなことはなさそうですよ。

まずは正面から。



赤と黒の組み合わせは鉄板です。
ちなみに、イタリア語ではこの赤黒のことをロッソネロと言います。
僕の大好きなACミランというサッカーチームの愛称です。
本田選手の移籍先として今、話題となっていますよ。

話を戻します。
ここからはサイドを見てみましょう。
まずはディスプレイからみて左側。
こちらは音量調整やサイレントモードを設定するボタンがあって、ケースには正確な作りが求められます。



音量調整ボタンはケースに覆われています。
サイレンモードボタンは切り込みから見える形です。
どちらも押し辛くなることはありません。
良い作りですね。

お次は上側。
パワーボタンがありますね。



こちらもケースに覆われる形です。
先ほどと同様、操作に影響はありません。

次は下部。
ここは、Lightningケーブルやイヤホンジャック、スピーカーと盛り沢山。



オープンタイプですね。
これなら各種ケーブルの挿抜に影響はないでしょう。

最後に右側。
こちらはiPhoneにボタンがないので覆われるだけです。



BELKINのロゴが刻まれています。

着けてみた感想

手に取ってすぐに感じたこと。
それは軽さ。
これまで使っていたケースが対衝撃、保護を重視した作りであったため、そう思ったのでしょう。
軽すぎて困ることはありませんので、ナイスです( ´∀`)bグッ!
ちなみにこれまで使っていたケースはこちら。

次にしばらくiPhoneを使っていて感じたこと。
それは「角が痛い」。
ポッチの部分はなんともありません。 しかし、黄色の淵の部分がほとんど丸みがないので、長く使うと淵に触れていた指に跡がつくほどくいこんで痛いです。
iPhone5の淵は斜めにカットされているので、くいこんで痛いことはありませんね。
ここは取り入れて欲しかったです。

まとめ

これまで使っていたケースが黒一色、iPhone5もブラックだったので周囲の反応はすべからく地味。
今回買ったレゴケースは赤、青、黄色と三色もあります。
これで地味と言われることはないはず。

一つ心配なのは、iPhoneがホワイトだと、このケースをつけるとガンダムみたいになりそうなこと。
いや、心配よりは、むしろ羨ましいか…
連邦の白い悪魔。
見てみたいな。 壁]´-`)チラッ☆
どなたか白いiPhoneをお持ちの方で、このケースを買った方は是非、お知らせ下さい。

使い始めたときは、この色使いが派手に感じて恥ずかしく思いましたが、一日も使えば慣れてしまいました。
今では使っていると何だか楽しくなってきちゃいます。
これでマンネリ気味だったiPhone5に再び愛着が湧いてきました。
これなら次期iPhoneが発表されても乗り切れるかも?!
いや、そこまでは無理かな…
レゴ好きな方はもちろん、カラフルなデザインが好きな方にもオススメのケースですよ。
もちろん、iPhoneがホワイトの方もね。
次のケースは、レゴで決まり!!

これまで使っていたこちらのケースも大事なiPhoneをしっかりと保護してくれるのでオススメです!


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!