『かつお節』の入ったビール『SORRY UMAMI IPA』を飲んでみた。

投稿日:2016年10月16日
UMAMI IPA

ども。やすも@yasumoha)です。
個性豊かなビールを世に送り出し続けている『ヤッホーブルーイング』がまたまた面白そうなビールを販売したので飲んでみました。
その名も『SORRY UMAMI IPA』です。
このビールには、なんと『かつお節』が入ってるそうですよ。

輸出専用ビールが確かな手応えを得て凱旋帰国

SORRY UMAMI IPA』はそもそもクラフトビールの本場、アメリカで挑戦するために作られた輸出専用ビール。その挑戦で手応えを得た結果からの日本市場への凱旋帰国。
本場で認められたからには、ものすごいビールに違いない。というわけで、ポチってみたわけです。
輸出から製造方法までのお話を詳しく知りたい人は以下のリンクからどうぞ。

【楽天市場】よなよなの里|クラフトビール一覧 > SORRY UMAMI IPA:よなよなの里 エールビール醸造所

ビールにかつお節を入れたチャレンジ精神は評価するけど、好みが分かれる味

かつお節入りとはいえ、見た目は普通の『SORRY UMAMI IPA』です。

色はクリアなゴールド。泡立ちも良好で美味しそう。

香りはIPAということでホップのさわやかな香りをまず感じました。
でも、ここで違和感。
懐かしいというか、慣れ親しんだような香りがするんです。
これがかつお節なの??? それとも他の何かなのでしょうか。

ちょっと原材料を確認してみます。

ステキな表ラベルの裏側には「かつお」がドドン!と描かれていました。これを見ただけで、かつお節の存在感が圧倒的。

やはり、麦芽、ホップの次に「かつお節」の表記があります。『SORRY UMAMI IPA』内でのかつお節の割合はかなり高そうですね。

肝心の味はどうか。
まずは苦味。IPAらしく強めの苦味ですが、これは期待通り。

そして感じる違和感。香りにも感じたことですが、これまでに味わったことのない感覚がします。
うーん、お魚?
ラーメンの魚介系スープに感じる、お醤油とは別に足された感じのする、あれですかね。
ちょっと僕は苦手でした。
スッキリとした味わいが好みなので、少々くどく感じてしまいます。
しかも、この味わいはビールの温度が温まってくればくるほど強くなってきました。
これは好みが分かれる味かと。。。

やすもは思った

Bati2

SORRY UMAMI IPA』を飲んで考えたことは、かつお節すら受けれてしまうビールの多様性、懐の広さです。
その一方で、僕はまだまだビールの多様性を受け止めきれてないことと、守備範囲の狭さに気づきました。
ビールの世界はまだまだ奥が深いということですかね。

かつお節の入ったビールなんて他では見たことありません。こんなビールすらあり得るのかという衝撃を受けたい人は試してみるといいかもですよ。
数量限定販売ということなので、お早めに。

『SORRY UMAMI IPA』は箱買いでも、本数指定でも買えますよ!

via PressSync Pro


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!