SPRING VALLEY BREWERY 第4弾「White Valley」は甘くて爽やかな白ワインのようなビール

投稿日:2015年1月6日

ども。やすも@yasumoha)です。
「SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)」プロジェクトの第4弾ビール、「White Valley」を飲んでみました。
年末年始に数多く飲んだビールの中で、特に印象に残ったこのビールを新年1発目の記事で紹介します。

甘い香りと爽やかな苦さがウマイ「White Valley」

SPRING VALLEY BREWERYはプロトタイプを作るプロジェクトということで、第4弾となる「White Valley」のラベルもこれまで通りシンプル。

原材料やらの記載があるだけです。

ビンの栓をあけて鼻を近づけてみて驚きました。
すごく甘い香りがします。
爽やかさも感じますが、とても甘いです。

グラスに注いでみると甘い香りがさらに広がりました。

やはり爽やかさよりも甘さの方が強く感じます。
それにしても良い香り…

泡立ちはとても良いですね。
この泡はグラスに注いだ分を飲み干すまでしっかりと残りましたので、持ちも良いです。

飲んでみると甘さが際立った香りとは違う印象。
ビールなので当然ですが、甘くありません。
では、強い苦さかというと、ほどほどの苦さ。
そして酸味も少々ある。
この2つが合わさってとても飲みやすい。

飲み込んだ後は口の中に少々の酸味が残りました。
おかげで、お口の中は爽やか。
すぐに次の一口がほしくなってあっという間に飲み干してしまいました。

商品と一緒に以下のようなメッセージが入っていました。

ここにあるように、この甘いフルーティな香りとさわやかな飲み口はまさに白ワイン。
順調に夢の階段を上っているのではないでしょうか。
期待しています!

やすもは思った

Bati2

飲む前に感じた甘い香りから濃い目のビールを想像していましたが、飲んでみると全然違う印象。
ほど良い苦味と酸味が組み合わさった爽やかなビール。
とても飲みやすい。
これならクラフトビールの強烈な苦さに慣れていない人でも美味しくいただけるはず。

SPRING VALLEY BREWERYプロジェクト第4弾「White Valley」はどのようなビールに仕上がるのでしょうか。
「もうこれで完成品でいいのでは?」
なんて思ってしまいますが、きっとさらに美味しく仕上げてくれるのでしょう。
完成品が楽しみです。

それでは!

via PressSync Pro


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!