Misfit Flashの電池を交換してみた

投稿日:2015年12月20日

ども。やすも@yasumoha)です。
毎日、肌身離さず持ち歩いている活動量計の『Misfit Flash』の電池を交換してみました。

活動量計『Misfit Flash』とは

日々の消費カロリーから走行距離や歩数、睡眠時間まで計測できる活動量計です。
6gのコンパクトボディ。しかも防水。
あまりにもコンパクト過ぎてポケットに入れたまま洗濯してしまいましたが無事というタフネスさです。冷や汗ものでした。
それでいて5000円弱とお求めやすい価格ときたら、活動量計としては最強なのではないかと。

活動量計をNikeのFuelBandから『MISFIT FLASH』に変えました! | Rondo

4ヶ月使った結果、電池残量が少なくなった

タフさが売りのMisfit Flashですが、バッテリー切れの前には無力。

公式サイトでは、バッテリーの寿命は最大で4か月とあります。

電池寿命 充電せず最大約4ヶ月(※ご使用状況により異なります)

引用元:Misfit Flash | Sporty Fitness + Sleep Monitor

購入時の記事(8月)がちょうど4か月前なので今が交換するタイミングです。

電池残量の確認方法

電池残量はアプリから確認できます。

“Misfit” – MISFIT WEARABLES CORPORATION(無料)

アプリを起動したら画面下部にある「デバイス」をタッチすると以下の画面が表示されます。

「充電が必要」とあります。

電池の交換方法

電池を交換するには、まず本体を開けます。

上の画像でピンクの枠に囲われた部分に隙間があります。そこに先の細いマイナスドライバーなどを差し込んでひねれば簡単にあきます。(僕はツメであきました。)

フタをあけた状態。

電池をとりだしてみました。

Misfit Flash』で使う電池はCR2032です。

なお、電池を取り出すのもフタを開けるときと同じようにマイナスドライバーなどがあると簡単に取り出せます。ここはツメでは無理でした。

さて、電池を入れ替えたら

フタをして出来上がり。

フタはギュッとハメルだけです。これで防水とはスゴいな。

電池交換の結果

アプリから電池残量を確認してみます。

「フル」になりました!これで安心して使えます。

なお、電池を交換してすぐには「フル」にはなりませんでした。何度か同期し直してもダメ。時間をおいてからなったので、交換直後にフルになっていなくても心配無用です。

やすもは思った

Bati2

一回の電池交換で4か月も使える『Misfit Flash』。最近のガジェットはスマホにしろスマートウォッチにしても毎日の充電が必要なものばかり。それに比べて『Misfit Flash』は4ヶ月に一回だけ。面倒なことが嫌い(私)、充電を忘れてしまいがちな人(私)にはぴったりの活動量計なので、心当たりのある方は検討してみてください。

それでは!

初めての活動量計には『Misfit Flash』がピッタリ!

公式製品サイトでございます。

Misfit Flash | Sporty Fitness + Sleep Monitor

via PressSync Pro


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!