[iOS7]新しくなったマルチタスク機能の紹介と雑感

投稿日:2013年9月25日
ios7 multi task

ども。やすも@yasumoha)です。
今回はiOS 7で大きく変わったマルチタスク機能の使い方を紹介します。
合わせて僕の雑感も書いてみました。
合わせてどうぞ。

マルチタスクとは

まずはマルチタスク機能について紹介します。
Appleによると

App をすばやく切り替えたり、App を再開することができます。
App を再開するとき、その App を切り替えたときの状態から操作を続けることができます。
マルチタスクによって、アクティブな App のパフォーマンスが低下したり、バッテリーが不必要に消耗することはありません。

via: iOS:マルチタスク機能を理解する

Android OSのそれに比べて非力とされていましたが、iOS7になって強化されて便利になりました。
特に、iOS6までは単なるアプリ履歴にすぎなかったものから、リアルに起動中のアプリ一覧となったことは大きな変化といえるでしょう。
大きなデータのダウンロードやアップロード、クラウドとの同期といった時間のかかる処理も実行だけしておいて別のことをしていれば終了してしまうというわけです。
Evernoteの同期、RSSの更新などがバックグラウンドで実行させておくと良いですかね。

Evernote 7.0(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 26.6 MB)
全てのバージョンの評価: (40,153件の評価)
iPhone/iPadの両方に対応

目次

  • 使い方
    • マルチタスク起動
    • アプリ切り替え
    • アプリ起動
    • アプリ終了
    • マルチタスク終了
  • 雑感
    • 全終了がほしい
    • 終了の操作は、なぜ下から上にスワイプ?
    • エフェクトが過剰?

使い方

それでは、マルチタスクの基本的な使い方について説明します。

マルチタスク起動

ホームボタンを続けて二回押します。

アプリ切り替え

Mlttsk00

左右にスワイプして切り替えます。

アプリ起動

Mlttsk01

アイコン、またはプレビューエリアをタップ。

アプリ終了

Mlttsk02

プレビューエリアを上方向にスワイプします。
最大で同時に3つ可能です。
1画面に収まっている全てのアプリを同時に終了できるということですね。

マルチタスク終了

ホームボタンを一回押します。
そうすれば、マルチタスク起動時の状態に戻ります。
アプリ実行中に起動したのであれば、そのアプリへ。
ホーム画面から起動したのであれば、ホーム画面へ戻ります。

雑感

Medium 2403249501photo credit: via photopin

ここからは新しくなったマルチタスク機能についての僕の雑感です。
これまでのiOS6やAndroidと比較してみました。

全終了がほしい

マルチタスク機能を使うときは、たいてい、多くのアプリを起動しています。
そんな時は一度、全てのアプリを終了させてスッキリしたいところ。
そうなると欲しいのは全終了させる何か。
ボタンでも操作でも良いのです。
画面上部に結構なスペースが余ってますよ。
そして、Androidにはありますw
あったら便利なはず。

終了の操作は、なぜ下から上にスワイプ?

アプリ終了の操作は下から上にスワイプします。
でも、この操作、コントロールセンターと同じですよね?
誤動作しないのか気になったので試してみました。
結果は問題なし。
画面の一番下からスワイプしてもアプリは終了できないようです。
アプリ終了の操作が有効なエリアは画面のプレビューエリアだけ。

ちなみに、アイコンに対しては1タップのアプリ起動以外、何をしても何も起きませんでした。
iOS6までの長押しで削除はできないのですね。

エフェクトが過剰?

過剰であると思う時と思わない時がある。
これが正直な感想です。
今はまだ目新しいから好意的に受け止めていますが、徐々に飽きてしまうのかもしれません。

やすもは思った

Bati2
コントロールセンターほどではありませんが、マルチタスク機能も大きく変化しました。
操作方法はアプリ終了の方法が変わったくらいです。
しかし、見た目は派手になりましたね。
その分、直感的に分かりやすくなったのかなと思います。

日本では、ドコモが初めてiPhoneを取り扱い始めたということで、iPhoneユーザーはより一層増えるはず。
そうなると、見た目が派手で直感的に分かりやすいことは初めてのiPhoneユーザーにとって訴求力となるのではないでしょうか。
まだまだiPhoneを世に広めたいAppleとしては、新規ユーザーに好まれる変更を選んだのかも。
古参ユーザーの求める機能性よりもです。
僕の妄想ですがね。
それでは〜。


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!