【Xperia Z3 Compact】『Ringke FUSION ハイブリッドケース』がお値段以上の良さでした!

投稿日:2015年5月30日

ども。やすも@yasumoha)です。
Xperia Z3 Compact(以下、z3c)のケースを新調しました。
今回購入したのは『Ringke FUSION ハイブリッドケース』です。

Ringke FUSION ハイブリッドケース

お値段は1450円(2015/5/29 Amazon)とお求めやすい価格。
素材は名前にあるようにハードタイプとソフトタイプを組み合わせたもの。衝撃に強そうですね。
それでは、各部をチェックしていきます。

パッケージと入っているもの

パッケージはエコを意識したシンプルなもの。

ケース本体です。

薄くはありません。その分、落下の衝撃に強そうなので安心感はあります。

付属品です。

背面側に写真などを入れてオリジナル感を出したい人向けの型紙と画面保護フィルム(ガラスではない)が入ってました。
画面保護フィルムまで入っているとは意外でした。
お値段のわりにはお得ですね。

装着して各部をチェック

まずは上部。

イヤホンジャックはフタ付き。ピッタリとフィットします。

側面をみてみます。
まずは左側(写真上半分)。

マイクロUSBとマグネット式の充電口にSIMスロットと、穴がたくさんあります。
なので、雑な造りではケーブルが刺さらなかったりフタが開かないといったトラブルになりやすいところ。

Ringke FUSION ハイブリッドケース』はそんな心配は無用です。
マイクロUSBの挿し口のフタの開閉、ケーブルの挿抜はスムーズに可能。

マグネット式の充電口にもケーブルなら問題なし。
ただし、スタンド式の充電台はケース本体の厚みがそこそこあるので、使えなくなってしまうかもしれません。
(充電台を持っていないので検証不能。すみません。)

SIMスロットはふさがれてしまうので、ケースを外さないと開閉できなくなります。
頻繁に開閉するところではないので、問題ありません。

右側(写真下半分)はどうか。
こちらは電源に音量、シャッターとボタンが集中してます。
Ringke FUSION ハイブリッドケース』はボタンにそった切り抜きではなく、ボタンをカバーする形式。
その結果、ずいぶんと出っ張ります。

もっと寄ってみます。

この出っ張り感が邪魔になるかもと思いましたが、そんなことはありませんでした。
邪魔になるどころか、むしろボタンが押しやすくなるというナイスな結果に。

下側はどうでしょうか。

ストラップホールとマイクの穴にピッタリ。全然ズレがありません。精度高いです。

裏側のカメラレンズ周りです。

ケース自体に厚みがあるので、背面を下にしておいてもレンズに傷がつく心配ありません。
もちろん、レンズに干渉することもないのでカメラ性能への影響もありません。

ところで、黒いですよね。

ここまでの写真を見てお気づきかと思いますが、黒いですよね。このケース。
z3cの綺麗なオレンジ色が少々黒ずんでいます。

購入時点では、クリアタイプを買ったつもりだったのですが、黒い…
そう、僕が買ったのはスモークブラックだったのです!

完全に間違えました○| ̄|_
封を開けてから気がついたので手遅れ…

でもね、背面側は思ったよりも黒くないと思うのですよ。

左側が装着前。右側が装着後。
ね、意外と黒くないですよね?ね?

いや、黒いか…
黒いと思う方は、こちらのクリアタイプを買ってください。

やすもは思った

Bati2

クリアタイプではなくスモークブラックを買ってしまい、少々ヘコんでしまいました。
でも、使い始めてみると『Ringke FUSION ハイブリッドケース』の良さが分かってきて後悔がなくなってきたのです。
(側面はともかく、背面側は思っていたほど黒くありませんし。)

柔らかい素材と硬い素材を合わせたハイブリッドなつくり。
そして、適度な厚みによる安心感。

各ボタンや充電口へのアクセスへの影響がない精巧なつくり。

1450円という値段を考えたら、かなりお買い得な良い商品かと思います。

Xperia Z3 Compactのケースをお探しなら、『Ringke FUSION ハイブリッドケース』を試してみてはいかがでしょうか。

それでは!

スモークブラックはこちら

クリアタイプもあったのですよ…

via PressSync Pro

Posted from するぷろ for iOS.

シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!