GPPでSIMロック解除してドコモ回線運用していたSB版iPhone 4sが使えなくなった(涙)

投稿日:2016年1月16日

ドコモ回線で家電話として使っていたSB(ソフトバンク)版iPhone 4sが、ドコモ回線をつかまなくなってしまいました。

原因はおそらく、iOSのアップデート

これまでちゃんとドコモ回線をつかんでいた楽天モバイルSIMが「不正なSIM」扱い、その後はSIMとして認識すらされなくなってしまいました。

原因はおそらくiOSのアップデートでしょう。iOSを9.0.x(正確なバージョンは忘れちゃいました)から9.1にしてしまったのです。
自動アップデートはOFFにしていたのですが、しつこい通知がうざくて娘ちゃんがインストールしてしまったのです。何度も説明しておいたのに…

画像は9.2へのアップデート通知。

断定せずに「おそらく」とつけたのは、GPPの販売元に確かめたわけでもない僕の推測だから。実際、ググってみると9.1でも9.2でも使えている人がいるようですし。
このことから「ひょっとしてGPPは一回しかSIMロック解除できないのかも?」なんて可能性も思いついたので、すっきりしない言い回しをしています。

再度SIMロック解除しようと試したこと(全て失敗)

このまま諦めるのは面白くないので悪あがきをしてみました。結果は全てダメでしたが、記録として残しておきます。

  1. GPPを使って再度、SIMロック解除
  2. iPhone 4sをフォーマットしてから1.

2つしか思いつきませんでした。どちらも不正なSIM扱いから進歩せず、です。フォーマットまでしたのに悲しい。

GPPでSIMロック解除したら気をつけること

  • iOSの自動アップデートはOFF
  • アップデートの通知は無視
  • 以上のことをiPhoneを使用する全ての人へ周知徹底

iOSの自動アップデートをOFFにするには「設定」→「iTunes / App Store」→「自動ダウンロード」にある項目をOFFにすればOKです。

それでも通知されるアップデートのお知らせは無視。「後で」を選択しましょう。

大人はなんとか理解してくれるんですが、小学校の低学年の子供となると難しい。一時的には理解しても、すぐに忘れて勢いで押してしまいました。
我が家はメインユーザーが小学校の低学年生だったので失敗に終わりました。僕と同じように家族で使いまわす場合は、周知徹底して同じ轍を踏まないよう気をつけて下さい。

やすもは思った

Bati2

GPPでSIMロック解除する方法が反則技のようなものなので、ソフトバンク版iPhone 4sをドコモ回線で家電話として使うのは諦めることにしました。
そもそもソフトバンクでSIMロック解除対象機種に入ってないのもおかしな話ですが、こんなところで騒いでも仕方ないので。
当面は固定回線代わりに使っている「不安定」なWimaxとWiFi接続して、iPhone 4sは家電話としての役割を果たしてもらうことにします。

GPPでSIMロック解除したソフトバンク版iPhone 4sをドコモ回線で運用している人は、iOSのアップデートはしないようにしましょう。
自動アップデートのOFFはもちろん、家族への周知徹底(アップデートの通知は「後で」を選択する)をしておきましょう。

それでは!

使うときはiOSのアップデートに気をつけて下さい!


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!