軽井沢高原ビールの2013と2014を飲み比べてみた!

投稿日:2014年4月19日
wpid-20140418114607.jpg

ども!やすも(@yasumoha)です。

ヤッホーブルーイングさんの軽井沢高原ビールの2013年度版と2014年度版が、ご存知「よなよな」とお得なセットで販売していたので、早速ゲットして飲み比べてみました。

年度で味が全く異なる軽井沢高原ビール

2013はアンバーエール。

2014はブリティッシュペールエール。

ちなみに、有名な「よなよな」はアメリカンペールエール。

同じエールビールでも、味わいはかなり違います。

一般的に、エールビールといえばこんな感じです。

複雑な香りと深いコク、フルーティーな味を生み出したビールのスタイルである。

引用元:エール (ビール) – Wikipedia

それに対して、アンバーエールはやや濃いスタイル。

ブリティッシュペールエールはうすい、さっぱりとしたスタイル。

軽井沢高原ビールもそれに従って、

2013が濃い味わいに対して、2014はさっぱりとした味わい。

↑こちらは2013。
濃い目の茶色です。

2013を濃いと感じた理由は、コクもあるのですが、主にその苦さから。
香ばしい感じの苦さです。
でも、その中にほんのりと甘さも感じました。
カラメルソース的な。

↑こちらは2014。
明るめの茶色です。

一方の2014は、口元に近付けた時に感じた香りからして爽やかでした。
2013の後に飲んだせいかもしれませんが、かなりマイルドなお味。
苦みが控えめということで、一気に飲める感じ。
香りもお味もさっぱり爽やかにまとまっています。

どちらも同じ軽井沢高原ビールですが、年度によって性格が真逆に仕上がっています。

どちらが好みか

濃いのとさっぱり。
好みが分かれるところですね。
どちらも美味しいので。

↑左が2013。右が2014です。

正直、選べません。いや、両方選びます。

ただし、飲み方は分けます。
飲み分けるとしたら、食事と一緒に飲むかどうかです。

食事と合わせて飲むなら2014の方が良いと思います。

食後にまったりともう一杯飲むなら、2013です。

お得なセットは先着500名まで!

今回僕が購入した軽井沢高原ビール2013/2014とよなよなが入ったお得なセットは、

先着500組の限定販売。

2014とよなよなは今後も入手可能だと思います。

でも、軽井沢高原ビールの2013が入手できるチャンスは、これがラスト!

セットの販売も2014年の4月20日までとなっています。

お味の方は間違いないので、ゲットしておくことをおススメします。

やすものまとめ

Bati2

同じエールビールながら、味の性格が全く異なる軽井沢高原ビールの2013と2014。

濃い味わいとさっぱりした味わいを飲み比べてみませんか?

食事に合わせて飲むも良し。

食後にまったり飲むも良し。

ビール好きなら必飲ですぞ!

それでは~

4/20まで、先着500名の限定セットです!

via PressSync Pro


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!