パナソニックのLUMIX DMC-GX7を買ったので開封の儀です!!

投稿日:2013年12月6日

一ヶ月くらい悩んでいた問題に答えが出ました。
その悩みとは「どのカメラを買うか」。
それに対する答えが「Panasonic LUMIX DMC-GX7」です。
(以後、GX7)
というわけで、まずは開封の儀をやっちゃいます。

GX7とは

パナソニックから9月13日に発売されたミラーレス一眼カメラです。
主な特徴はこちら。

  • 有効画素数は1600万画素
  • 最高ISO感度25600
  • 1/8000秒の高速シャッターを実現
  • レンズマウントはマイクロフォーサーズ
  • 「LUMIX G」シリーズ初のボディ内手ブレ補正機能を内蔵
  • LVFと背面モニターが可動式
  • 背面モニターはタッチパネル方式
  • 動画撮影はフルハイビジョンの60p(プログレッシブ)に対応

まだまだたくさんありますが、いま流通しているミラーレスカメラの良いとこ取りといった感じ。
パナソニックさん、全く妥協していません。

いざ開封!!

こちらが外箱です。



黒が高級感を醸し出してます。

あけてみると、そこには保証書やらなんやらが。



某リンゴメーカーと違い、本体とすぐにご対面とはいきません。
形状的な問題ですかね。

保証書などを取り出してみると白い包みが見えます。



本体のお出ましです。

ちなみに、こちらが本体以外の付属品です。



バッテリーやらCDロム、USBケーブル、取説にストラップなどなど。
カメラを買ったらついてくる一般的なものが揃ってます。

白い包みを開きます。



GX7の文字が見えてきました。

じゃん!



これが本体です。
色はブラック。レンズキットを購入しました。
レンズは装着された状態で梱包されていました。

レンズキャップをとってみました。



ちょっとカッコつけて。

やすもは思った

Bati2

まだまだ全然さわれてないのですが、すでに大満足です。
店頭で何度もチェックしたので手元に届いてもあまり興奮しない。
なんてことは、ありませんでした!
やっぱり、自分だけのものとなると違いますね。
肝心な撮影機能を試せてませんが、モノとしての完成度が高いので所有欲が凄く満たされてしまいました。
長いこと悩みましたが、GX7を買って良かったと思います。
それでは~

やっぱいいわ。GX7。

この記事はするぷろで書きました。

するぷろ for iOS(ブログエディタ)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化


シェアして頂けたら感涙にむせびます

Rondoをまた読みたいなと思ってくれたら

是非、定期購読を!